Dr.Hoshiken 公式サイト
Politician&Glocal Party Leader
政治家&地域政党

Politician

政治家として

30歳くらいまで、正直、政治とは超エリートで聖人君子で帝王学を学び続けてきた人が成って、自動的に日本の未来を上の方から良くなるように、性善説でやってくれているものだと考えておりました。
そして、学生のころ、一度だけ親に「投票は与党(自民党)に入れておけば間違いがない」と聞いたことがあって、そういうものだと疑うこともなく思って投票に行っておりました。

ニュースを見るようになって、政治で取り扱われるのは汚職事件の話題や国の借金の話ばかりで・・・それでも、おかしいな、まぁいっかと対岸の火事のような感覚で、自分には関係なし、自分のこと優先、自分のことだけで精いっぱい。自身の研究や教育に没頭しておりました。

まぁいろいろとお恥ずかしい限りです・・・。

しかし、社会情勢は、自由民主党55年体制末期で、1年毎に首相が変わる異常な状態となっておりました。

87~89代小泉純一郎総理の行った郵政改革の無効化が進む雰囲気の中,2009年に政権交代が起こり二大政党制となると共に、事業仕訳を先頭にそれまでの既得権益に拠る舵取り,国政が正常になされると周りの雰囲気は政治に大きな期待を持ちました。

しかし,民主党トップの失政により、首相は三度1年毎に変わり、国際的信頼は揺るぎ,政治も与党を担う政党が代わったとして既得権益の母体が変わるのみと国民に捉えられ,2012年には再び自民党の大勝利で与党が移り変わりました。

利権や既得権益にうんざりし,純粋に政党ではなく政策毎に選べたらと漠然と考えていたそんなところに、橋下徹さんが出てこられました。

橋下徹さんの塾に月に一度~二度、千葉から大阪へ通い、知識を俯瞰的に学ぶ機会を得ました。

安倍政権は派閥を超え安定した運営に徹底し政策共有等を行い自民党の信頼回復はしたものの,財政再建では歳出の無駄削減も不十分に消費税増税を行い補正予算などを入れて例年の倍の10兆円規模で公共事業を増やし続け,2014年には政党政権維持の為に解散総選挙を行いました。単独で政権を担える状態にも関わらず公明党と組み選挙戦を行った結果,投票率は当然戦後最低となり一票の無価値化を進めると共に参議院議員の定数は増え・・・選挙で敵になれば確実に数万票を持っていく公明党(創価学会)、味方にすればそれは圧倒的に有利でしょう、対抗馬が一人減るにとどまらず、数万票転がり込んでくるのですから。そして、その見返りとして政策で配慮する。

そんなの政治がゆがむに決まっているじゃないですか(笑)

そこには民意があるとは思えません。
民意に対する冒とくと映っても大げさではないのではないかと思っております。

もちろん公明党の人にも創価学会の人にも素晴らしい人たくさんいらっしゃいますし、批判をするつもりではなくって、大儀なき連立がまかり通っているのが自分は嫌なだけです。
選挙終えた後に政策で連立をするのは自然だと思ってます。

まぁそれでもオウム真理教のサリン事件が世を騒がした世代ですので新興宗教は苦手です。特に生きている人が教祖の団体は。

閑話休題。

1964年の東京オリンピック開催の翌年には公共事業の極端な減少により40年不況と呼ばれる大型不況に入り,オリンピック招致はその引き金となりました。1965年には戦後初となる国債が一時的な措置として2000億円という規模で発行され,その国債はやがて赤字国債の無制限発行と解釈され2015年の国債費は23兆4500万円となり,社会保障費等の単調増加を考慮すると2020年オリンピック開催以降の不景気に拠ってはGDP500兆円に近づくまで増えることによるデフォルトやハイパーインフレへの発展を危惧しております。

2022年には再び政権交代のうねりが現れるのではないかと考え、その時に国政で舵取りを執る一任を得たいと思い政治の世界へ飛び込んでみました。これを書いているのは2020年ですので、政治に興味を持ってから(単独政党による政権交代劇から)8年の月日が経ちました。東京オリンピック開催後までの間に政治を経験するために2017年には衆議院に出馬し、その後の補欠選挙で市議会議員となり真剣に基礎自治について学び、議員の立場を置いて統一地方選挙に出馬してみたり、広域地域政党を立ち上げてみたりと、いろいろと挑戦いたしております!年齢も40歳になり、ぼちぼち消費期限もピークなのではないかとは常に思っておりますが、2025年くらいまでは政治活動も頑張ってみようかなと決めておりますので応援いただけたら嬉しいです。政治の世界も選挙の世界も学んでみたいことはたくさんあり、また試してみたいこともたくさんありますので!

HOSHIKENの役目は、ICT導入で不透明な政治(国会と議会)と非効率な行政(役所)に民間の当たり前を。少子超高齢化時代に適応した政治と社会の構築だと思っております(公約)。

ただ単純に、公平で公正な社会と税の使い方集め方がなされる社会にしたいだけです。ですので、しがらみがあるとそれは為せないことを理解しておりますので、最初から選択肢から外し、一人で出来ることはすべて一人でやりぬいております、様々な方々のサポートを受けながら(矛盾はないです)。お偉い議員様であろうと議長であろうと幹事長であろうと有権者であろうとフラットにさせていただいております。勿論敬意を持って。あ、別途、PGC(ポンコツ・ガラクタ・チョロネズミ)は減らす、増やさないということも信念にあります(笑)。

あ、あと、自分もそうだったように、今の政治や経済について教育分野が諸悪の根源だとも思っております。自民党の、自民党による自民党のための愚民化政策に感じておりますので、自分の子供の世代のために教育改革もしていきたいと思っております。政治や経済の話が日常会話になるその日を夢見て。

政治家として興味をお持ち下さった方はこちらの政治用サイトへ是非お越しください!

星からみなさまへ

コロナ禍で我々の生活は非常に厳しくなり、教育の質や仕事量の変動、経済においては想定していたオリンピック特需を得られなかったなどを含めましてコロナによってあらゆるところで大きな大きな痛手を負っています。

withコロナ、afterコロナの社会においてデジタルトランスフォーメーション(以下DX)は多くの分野において有効な手法たるものと仮説をたてております。 経済財政再建、教育、子育て、一次産業二次産業その他、社会において好循環を作るきっかけとなり得るものです。 ポイントは「機会費用と時間の創出」そして「財源、人材、自分の時間と生活を手に入れる」です。

まず、税金を穴の空いたバケツに無制限で借金をして流し続ける行為は、バケツを直してからです。少なくともセットで直しながらではないと、バケツは壊れて(破綻)して終わってしまうだけです。まずは直す事を大きな方針とし、そうした上で国債であったり増税の話でないと全て論じることも絵に描いた餅がどれくらい現実的なのかを議論したいだけにすぎません。穴の空いたバケツをDXで修繕してまいります。

身を斬る改革、行財政改革、こんなのやって当たり前。 「文章改ざんしない政党に入れたいです」なんて国民が発言するようなこの恥ずかしくて悲しい政治や世の中、既得権とは本当にさよならするといたしましょう。

DXとは、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という仮説です。

【たとえば、子どもが生まれた場合】
現在では出生届けの提出や健康保険の加入、乳幼児医療費助成、児童手当の申請、出産育児一時金・付加金の申請など、役所での煩雑(はんざつ)な手続きが待っております。 DXが進む社会になると、子どもが生まれると直ぐに病院側がシステムから出生登録を行います。 健康保険の加入や児童手当の申請などは自動で登録され、翌日を待たず、迅速に出産育児一時金は入金されるようになります。より安心して新生児との貴重な時間に集中できる社会へ。出産という大変な労力の後に諸手続きを行うといった大変な労力は、すべて自動的に申請がなされ申請忘れ(子育て側の労力削減)も誤り(行政側の労力削減)もなく済む社会に進化します。
→子育て支援・少子高齢化対策へ

【病気になった、けがをした場合】
医療情報が電子化されると、まず単純な会計待ちから、入院転院退院する際などに起きる待ち行列を解消することができます。処方箋も電子化されているため、わざわざ診察後にその受取りを待つ必要もなくなります。個々のカルテ情報は、各医療機関や介護機関で必要部分を共有することができ、本当に本人が必要な治療治癒を必要な分受けることが出来るようになります。

【親が倒れてしまった場合】
介護制度、複雑です。要介護認定を受けるための申請、本人が申請できない場合も多々あります。 銀行も本人名義でない口座は家族でも動かせず、暗証番号も変更できず、住所も名前も違うとハードルはさらに上がります。認知症と診断されると同居家族でも動かすのが難しい内容です。 親の健康保険証の提示から紙おむつ助成などの行政サービスまで一元化されます。
→医療費問題、医療介護の適正化へ

【転勤などで引っ越しを行う場合】
自治体へ住所変更を届け出るだけでなく、電力会社やガス会社、通信会社、金融機関などさまざまな関係先に変更の通知を出さなければなりません。 これもオンラインで住所を変更するだけで、基本的な公的機関の手続きはすべて一つ、かつ直ちに行われます。平日夜でも土曜日曜日でも届け出が行えるようになり、行政窓口が開いている平日の17時までに行かなくてはならないという制限からも解放されます。有休休暇の取り方も変わっていきます。
→行財政改革・働き方改革へ

このように、行政サービスがDXの流れを作ると、親と学校との教育情報共有システム、電子警察システム、電子カルテとの情報統合、電子投票など、どんどんサービスは広がっていきます。最終的には24時間365日いつでも電子サービスを受けられるようになります。
→教育改革・国民の生活水準向上・少子超高齢化対策へ・働き方改革へ

国家のデジタル変革がなされると社会は大きく変化します。そしてICT@の環境に慣れた次の世代は、さらに進化させたICT@系のスタートアップを生んでいくといった好循環が生まれ、国力を維持上向きにすることに繋がっていきます。
→経済対策へ

これらの変革、政治政府の電子化は、GDPの数%分のコスト削減効果を生み、そして「機会費用と時間の創出」そして「財源、人材、人としての生活を手に入れる」ことを実現します!

既に実施されている国があり、日本も追いつき追い越しましょう!

星に是非お任せいただけないでしょうか?

星けんたろうは台湾のオードリー・タン、

日本の星を目指します!

「新しい選挙のカタチ」

「e選挙、オンライン投票へ」

 

星けんたろうは「動的電子投票制度導入における諸問題とコスト可視評価に関する研究」と題しまして文部科学省科学技術研究費(科研費)を得て研究してきた政治家でもあります。

これからの時代は

投票所へ行く!

から
投票箱が来る!

の時代へ。

そういった社会への転換を星けんたろうは提案させていただきます!

「新しい政治家のカタチ」

「政治家との距離」

 

遠いところで何か活動している。

選挙の時だけ、式典の時だけしか接点がないという印象はありませんか?

それが現在の政治家との距離です。

この情報化社会(携帯電話・スマートフォンを皆さんお持ちの社会)において、令和の時代において、政治家との距離も概念を変える時期となっています。

朝起きてから夜寝る時まで、ご飯を食べているときでも皆さんのすぐそばに、手元のスマートフォン・携帯電話から連絡が出来るくらい身近に政治家がいる。

そういった社会への転換を星けんたろうは提案させていただきます!

「新しい政治のカタチ」

「既得権に偏らない政治」

 

選挙では選ぶ人に向けて選ばれる人は向くという本質があります。政治家は信認をいただいた選挙区の方向をむいて選出地域が豊かになることを望み国政に臨むものです。

地元地域で選ばれた議員が国政に行く
地元地域に選ばれた議員が国政に行く

これは鶏が先か卵が先かと同じで結果は変わりません。

しかし、実は大きく異なります。

現在、地元地域の一部の企業献金であったり、特定団体、宗教法人の支援で排出される国会議員が多く存在します。これは地元地域の為ということを通り越して政策や税金などは、その一部の支援者のためだけに向いたものになりがちです(既得権益促進の一因)。

しかし、星けんたろうの様な一切のしがらみがない政治家が選出された場合はどうなるのでしょうか。

選挙区にお住まいの方が一票ずつを投じて下さったことしかわかりません。それゆえに、選挙区に住む市民国民の全員に向けた有益なことが出来ます。

一部の市区民を対象にするのではなく、地域全員に生活するすべての有権者に対して、この地域全体が地元として、活性化することに尽力がなされます。

これこそが本当の地元選挙制度というものです。
(地元にある一部の団体が地元では決してありません)

政策を選んで競いあい、より良い政策・人物を選び、選出後の政治家は公約実現・地域選挙区に住む市民国民含むみんなの為に国益のために次の選挙まで全力で頑張る。

それこそが「真っ当な政治」です。

そういった社会への転換を星けんたろうは提案させていただきます!

Glocal Party

広域地域政党

令和の時代は国際社会。

しかしながら、海外に出て日本を背負って働き学び生活している在外在留の日本人のための政治ってどうなっているのかご存じの方はどれだけいらっしゃいますでしょうか?僕自身もすべて存じているわけでは全くなく、これから調べてまとめ続けようと考えております。

そこで、政治と選挙の国際化、海外に住む海外在留邦人と日本の政治についてライフワークテーマとして、2020年1月11日、広域地域政党海外在留邦人のための政治を考える会、在外日本を旗揚げしました。

http://glocaljp.party/

毎日こつこつと一人で一歩ずつ進めてまいりますのでまったりと気ままにお付き合いいただけましたら幸甚です!

社会実験

Dr.HoshikenはICT@を用いて暮らしを豊かにする礎(いしづえ)になることを自身の役割としてライフワークとしております。

早稲田大学助教時代からネットワークトラフィック研究者として政治の世界への応用研究テーマとして動的電子投票について研究を進めており、自身をベースに社会実験を行っております。

現在進めているプロジェクトは以下の通りです

  1. 政治と選挙のクラウド化・国際化
    • 脱アナログ選挙による政治とカネの問題提起
    • デジタルトランスフォーメーションのある社会へ(クラウドの政党)
    • 海外在留邦人と日本の政治(在外日本)
  2. 選挙のデジタル化
    • 公営掲示板のGoggleマッピング化
    • 公営掲示板電子化及び選挙広報サイト構築
  3. 政治のオープン化
    • 講演会政治・駅立ち政治の改革
    • 政治家と選挙の再評価

くわしくはこちらからご覧ください!

2019 © Dr.Hoshiken